無料ブログはココログ

元ハーレー乗りの掲示板(BBS)です。

立ち寄られた方はココにお気軽にカキコしてくださいね。

お好みのお蕎麦とか、
お好みのmusicとか、Jazzはコチラ
お好みのバイクライフなどなど。。。
その他、なんでもカキコしてください。

5月にやって来た883R 2005年 キャブモデル

883r1

あまり楽しくて真鶴へ

883r

秩父にて

883r_2

江の島カラーリング

883r_3

道志キャンプ場でのトリッカー

Photo_2

旅先での気に入っている写真です(ハーレーとの思い出です)。

◆北海道

Photo_39 

◆木曽路

02_7    

最近、ちょっとメタボ気にしています(^^;

Photo 

07年3月に10万kmをマークしました。
次は、目指せ20万km!!09年7月に12万kmに更新。場所は北海道!!

ちょっと時間がかかりましたが、12年2月1日に13万kmに更新。場所は湘南。。。

ハーレーに乗ってから通算10万マイル超え(16万4千km)達成です(HOGならの殿堂入り)

最近は特にペースが落ちています(歳かなぁ)

13
そしてラスト
Photo

2019年5月16日 (木)

GWキャンツー2019富山~能登~飛騨高山

ここ20年近くGWに富山の友人とランデブーを続けています。

去年まではロドスタがあったので6年ぐらいはロドスタでキャンプ&富山行きを行っていました。

 

今年はロドスタも手放したので883Rで参加しました。

883r72  

キャンプ道具満載です。

 

簡単に旅を振り返ってみます。

①期間:
GWの後半(5/3〜5/8)


②ルート:
自宅~中央道上野原IC~諏訪湖IC~山形村~安房峠~富山〜

能登半島見附島〜永平寺〜能登一周〜飛騨高山~

安房峠~中央道塩尻IC~自宅


③全走行距離:
1856km
5泊6日のキャンプツー、ホント良く走りました。

 

④宿泊

・キャンプ 3連泊 →見附島キャンプ場
・友人宅 1泊
・ゲストハウス 1泊→飛騨高山cup of tea

 

⑤燃費:22.6〜29.5km/L
割と燃費は良かったです。

 

では、ここから旅の写真をお見せします。

◎往きの安房峠にて

 とても寒かったです

883r95

 

◎帰りの安房峠

 外気温1℃でした

883r108

883r107

883r106

 

◎富山の友人宅にて

 今年は5台が集まりました

883r94

 

◎能登見附島キャンプ場にて

883r93

883r92

883r87

883r85

883r103

883r86

 

◎見附島の朝、昼、夜

883r105

883r102

883r91

883r104

 

◎千枚田にて

883r84

883r83

 

◎狼煙道の駅にて

883r81

883r82

 

◎永平寺にて

883r90

883r89

883r88

 

◎飛騨高山朝市にて

01_1

02_1

 

◎蕎麦たち

 親子丼もあったりして

883r100

883r98

883r97  

883r99

883r96

 

◎能登でのお気に入りの一枚

883r80

 

 

合羽もワークマンのバイカーズ2019モデルを新調しましたが、

行中雨にも遭遇せずに済み、ラッキーでしたね。

 

もう次のツアーに行きたくなってきました😅
やはり北海道辺りに2週間ほどかな。

2019年4月12日 (金)

右サドルバッグ テグナーNB44

アップマフラーをストレートマフラーに換えたので、右サイドにサドルバッグを付けることができました。

ちょっと容量が小さいですが、合羽などの小物を入れるのに最適!

キャンプ道具も入れられます(^^v

88336

 

88337

2019年4月 9日 (火)

道志みちの駅

道志みち

昨年の夏に土砂崩れがあり、以降通行止めが続いてましたが、

今年になって迂回路が開通したので今日走って来ました。

Photo_1 

青根で「いやしの湯」方面へ迂回。
あとは従来の道を走ることができました?

平日にもかかわらず、バイクの台数は多かったですね。
やはり道志道の駅はバイカーの聖地❣️
道志みちを走っていると実に気持ちがいい😄

こんな楽しめる道ですが、先週末に車が横転する事故があり

バイクにも影響があったようです。

スピードを出せばスリリングな走行も楽しめます。
ネズミ捕りもやってます😅

半年振りに走った道志みちはチョー快適❣️😜
本日の走行距離160km
走行時間4時間

そうそう、肝心のマフラーですが、音にも慣れそんなに爆音では無い気がしてきました😅

低速から高速まで抜けが良くなったので息継ぎもなくスムーズな走りを楽しめます。

実に快適なマフラーです。

02

 

サンダーヘッダー

マフラーをサウンドサンダーからサンダーヘッダーに交換しました。

もともとサウンドサンダーもかなり爆音でしたが、ちょっと気分転換したくなって

思い切って伝説のサンダーヘッダーに変えました。

01

 

早速、サンダーヘッダーの試運転をしてきました。

いつもの箱根、夕陽の芦ノ湖。
美しい景色だ。

それはさておき、肝心のマフラーの音はどうか。

エンジン始動と共に、ドロドロと鉄パイプ独特の低音が響きわたる。
アクセルを捻るとバリバリと甲高い音に変わる。
これだ!
この音が欲しかった?

でも、やはり少しうるさく感じるぞ😅

早速、西湘バイパスを走ってみる。
マフラーの抜けが良くなったのがわかる。
加速時の音も気持ちいい。

帰り道の西湘バイパスでは、すでに爆音感覚に慣れてきており、

こんなに小さい音だったかなと思い始めた。

とはいえ、大渋滞の中をドロドロ言わせながらすり抜けしてきましたが、

非常識なバイクに車が道を空けてくれるのが嬉しかった😅

Photo

2019年3月23日 (土)

883Rについて語る(^^

ビッグツインのエレグラから883Rに乗り換えてから、1年と10ヶ月になる。
少し883Rについて語りたくなりました。
一言でいえば楽しくて仕方がないバイク、そんな風に感じています。
883r18
(2017年9月撮影。現在とはリアサス、シート、ミニカウルが異なる)
先日、行きつけのショップでビッグツイン(FXDL)のカスタムを見たときのこと。
タンクも小振りに変更し、見た目スポスタかと思えるナイスカスタム。
一瞬、これだよね!、と思ってショップにFXDLキャブ車の程度のいい中古無いかな?と
尋ねたぐらい(^^;
◎走りがトルクフルで重低音マフラーの音も腹に響く。
しかしそんな思いも一瞬で消えました。
やはりビッグツインは重いよね。
それにタンクを小振りにしたら今のスポスタと満タン時巡航可能距離(200km)はそんなに変わらない。
なんだかんだでアドバンテージが感じられないじゃん!
と我に帰った私。
同時に日頃883Rに求めていることがはっきりした一瞬でした。
それは日ごろ不満に感じていることと言ったらいいのかな。
でもね。。。
◎トルク感→883だから仕方ないし、そもそも回転上げて走ればトルクはそこそこある。
     エンジンを回すのが好きなワタシ。
     883は普通にトコトコ走るエンジン、それが魅力でもある。
◎マフラー音→替えればいいだけのこと。
もともとエレグラを手放したのは、加齢と共に体力が落ち、取り回しが重く感じられるようになり、
乗らなくなってしまった。
年間1000kmも走らなくなったのが理由。
今さら重いビッグツインに返り咲くつもりもない。
同じ轍は踏まないぞ。
883Rでワインディングを走り抜ける時の快適な心地良さを思い出せ!!
キャブ車エボを回しているとこれぞハーレーだと実感できる。
乗り換えてから14000km、良く走っているなぁ。
前後タイヤ(ピレリ ナイトドラゴン)も山が減ってきた。
6月の車検までには交換しよう。
そうだついでにマフラーもハーレー定番のものに替えようと思案中。
候補は、爆音サンダーヘッダー!!
今の時代、誰もが敬遠するであろうモノを敢えて選ぶアウトロー的快感。
これも近々換装しよう。
今付けているSoundThanderもそれなりの爆音であるが、
もっともっとハーレー通の音にしたい。
こうして考えるとワクワクしてくるのがハーレーの良さだよね(^^v
早く暖かくなれ。
また、荷物を山のように積んで883Rで走り回るぞ!!

2019年2月27日 (水)

ロドスタ卒業!!

2012年11月に納車され、あちこち走り回ったロドスタ君とお別れすることにしました。
2019年3月にドナドナされていきます。
私の走行距離:34,526km
6年と4ヶ月が経ち、すでにメーターは83,000km。
今、とっても寂しい気持ちです。
思い出は山ほどあって、とてもすべてを語ることはできません。
最近では、昨年9月に念願の北海道へ友人のグンマケンさんと9日間のツーリングに行きました。
キャンプありユースありのジジイ二人二台のロドスタ大冒険ツーリング。
2719kmを走りました。
最後の良き思い出です。
ドナドナ先は浜松のアイスタイリング。
次なる買い手が見つかることをお祈りしております。
ありがとう、マイロードスター!
(北海道 斜里町 天に続く道)
Image1_2
(駐車場でのラスト写真)
Image1_3

2018年6月20日 (水)

念願のGIVIアルミボックス

今年の梅雨空に、バイクに乗れず閉口しながら毎日を過ごしているかと思いきや、
またまた883Rをいじり始めた。

883r62

883r63

883r64


運よくGIVIモノキートップケース91475を友人から譲り受けた。
GIVI汎用ベースを使わずに、ホムセパーツを流用してキジマラックに取付けてみた。
まぶしく輝く銀色のアルミが良く似合う。

まあ、しっかりと付いたので良しとする。
このボックスで梅雨明けキャンプに行こうと計画を練っているところだ。

2018年1月 5日 (金)

謹賀新年2018年(2017年の振り返り)

今年は喪中なので新年のご挨拶はご遠慮させていただいております。
さて、あまりこのブログにも書込みしていませんが、
やはり軸足はココに置いています。
883Rネタ、今年もアップします。
さて、本日(1月5日)現在、今年はまだ883Rの初乗りをしておりません。
エンジンもかけていません。
理由は、寒いから(^^;;
2017年の883Rカスタムを振り返ってみようと思います。
エンジンガードを取り付けたところまでは書きました。
その後、いろいろやってます。
①シートバッグ(デイトナ製)
883r42
②リアキャリア(キジマ製)
883r39
とにかくデッカイ!!
 
883r58
883r59
④念願のオーリンズ
883r49
⑤スイングアームバッグ(デイトナ製)
Photo
883r60_2
⑥リアシート(K&Hそら豆タック)
883r61
■さてさて、こうやって振り返ってみると、次から次へと付けては外し、
外しては付けてといろいろやっているのが良くわかる。
さすがに息が切れた。
ここでしばらく休憩し、春先まで磨きに専念しようと思う。
なんせ今年の冬は寒くてバイクに乗る気が起きない。

トリッカー君は今日初乗りしました。
いつになく寒い日も安心して乗れます。
 

2017年9月28日 (木)

883Rが納車されて4ヶ月が経過しました。

走行距離は4000km。
月平均1000km換算になる。

良いペースだと思う。
とにかく走るのが楽しくて仕方がない。
883r18_2

トルクが小さい分、コーナリングでは一段シフトダウンして
アクセルを開け気味にして走らないとすぐにストールしてしまう。

まあ、逆にエンジンの回転を一定レベル回しながら走れば、
低速から140km/時ぐらいはストレスなく走れる。

燃費は、20~25km/L

よく走りに行くコースは箱根だ。
それもワインディングを選んで走る。
実に快感!
883r14


しかし、慣れた頃に油断が待っていた。
秩父の峠を走行し、トイレ休憩で止まった時に
左に立ちごけしてしまった。
車体を支えながらゆっくりと倒れこんだが、
ハンドル左のクラッチレバーがわずかに曲がり、
さらにチェンジシフトレバーを曲げてしまった。
もう少しでシフトレバーが動かなくなり、
レッカー車を手配するところだっだ。

やはり足付き性は良いが、260kgの車重を
支えることは困難だ。

そこで思い切ってエンジンガードを付けることにした。
軽快なボディラインが崩れるので付けたくはなかったが、
「保険」として付けた。
少し高かったがスタイリッシュな純正のマスタッシュエンジンガードを選んだ。

なかなか似合う。
883r25


883r26

シートはその日の気分によって、ソロシートと純正ダブルシートを
付け替えている。
あまりにも腰が痛いので、ジェルシートを付けてみた。
サスペンションを変えたような快適さ(^^v

883r15

2017年5月30日 (火)

何故また、トリッカーがあるのに883Rを手に入れたのか??

それはね。
きっと、ハーレーが諦めきれなかったのと、
目の前に突然、程度の良い883Rが出現したからなんです。
もちろんトリッカー君は相変わらず乗りやすさの境地に
私を引き摺り込んでくれる優れもの。
でもね、小さくまとまったハーレーを見てしまった瞬間、
そして跨って、エンジンかけて、走ったとたん、
もうコレが欲しいという気持ちで満たされていました(汗)

納車日の一枚

883r

«何故ハーレーFLHTを降りてトリッカーにしたか