無料ブログはココログ

元ハーレー乗りの掲示板(BBS)です。

立ち寄られた方はココにお気軽にカキコしてくださいね。

お好みのお蕎麦とか、
お好みのmusicとか、Jazzはコチラ
お好みのバイクライフなどなど。。。
その他、なんでもカキコしてください。

(★★★ご迷惑★★★)

最近、不正違法な書込みがあり、

しばらくコメント書き込みを全面禁止に

しておりました。

本サイトは海外からのコメント書込みは引続き

禁止させていただきますのでご了承願います。

             管理人より

 

883Rネタ

2019年7月

883Rでの念願の北海道ほぼ一周4000kmツーリング。

聖地宗谷岬にて。

H015_20190908235001

小樽にて。

Img_8122

 

 

2017年5月にやって来た883R 2005年 キャブモデル

883r1

 

あまり楽しくて真鶴へ

883r

 

 

 

 

秩父にて

883r_2

 

 

 

江の島カラーリング

883r_3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

道志キャンプ場でのトリッカー

 

Photo_2

 

 

 

旅先での気に入っている写真です(ハーレーとの思い出です)。

 

◆北海道

 

Photo_39 

 

◆木曽路

 

02_7    

 

 

 

 

 

最近、ちょっとメタボ気にしています(^^;

 

Photo 

 

07年3月に10万kmをマークしました。
次は、目指せ20万km!!09年7月に12万kmに更新。場所は北海道!!

 

ちょっと時間がかかりましたが、12年2月1日に13万kmに更新。場所は湘南。。。

 

ハーレーに乗ってから通算10万マイル超え(16万4千km)達成です(HOGならの殿堂入り)

 

最近は特にペースが落ちています(歳かなぁ)

 

13

 

 

そしてラスト

 

 

Photo

 

 

2019年9月 8日 (日)

2019北海道ツーリング(その⑤)

・7/5:利尻島フェリー~礼文島フェリー~利尻島泊

朝7時起床。

ケンさんが米を炊いてくれました。

キャンプの朝は生玉子ご飯に限る。

とても旨かったです。

H039

H039ken  

 

2019年9月 6日 (金)

2019北海道ツーリング(その④)

・7/4:稚内フェリー~利尻島泊

モシりパで軽い朝食を済ませ、6時20分に出発。 

天気は晴れ。

利尻島行きフェリー乗り場は目と鼻の先。

まずはガソリンを満タンにしようとガソリンスタンドに行くが

朝早いのでまだ開いていない。

仕方がないので利尻島で給油することにしました。

出港は7時。

乗車券代はバイク込みで8660円。

ちょっと高めです。

H022

H022jj

H022jj1

H023

2時間15分の船旅です。

船内で利尻島の天然水「リシリア」250円を買って飲む。

とても柔らかく口当たりが良く旨い。

H024

船内で横になり転寝しているとすぐに利尻島鴛泊港に到着。

天気は少し曇り。

上陸して右も左もわからないまま、ガソリンスタンドを求めて

とにかく走り出しました。

利尻島内のガソリンスタンドもまだ開いていないところが多い。

開いている店を見つけて無事給油を済ませ、島内を散策開始。

まずは今夜のキャンプ地を探すことに。

 

沓形岬公園キャンプ場に決定!!

ここは絶景!!

素晴らしいのひとこと😃

一張り300円。

水道、トイレ、コインランドリーと設備も充実している。

 

Img_7520

Img_7480  

Img_7478

Img_7477

Img_7476

H031

この建物がトイレ。

近くに赤と白の灯台がある。

建物の右手後方が沓形港フェリーターミナルで

大型観光船が停泊している。

この日は日本丸。

船内では八代亜紀のステージもあるそうです。

H032

見よ、この景色。

H033

利尻富士が正面に見える。

H035

キャンプ地が決まったので、利尻島名物のバフンウニ丼を求めて島内散策開始。

 

バフンウニの知識など全くなく、ウニ丼を食べようだなんて怖いもの知らずでした。

利尻島や礼文島でバフンウニが収獲できるのは、一年のうち6月中旬から8月下旬の短期間。

だから、今7月は最盛期なんですね。

それでも日によって収穫量が異なり、それがそのまま時価となるそうです。

100gで4000円~5000円が相場です。

たまたま立ち寄ったキャンプ場近くの海産物屋で本日収穫分をリーズナブルな価格で販売していました。

鮮度の良い生ウニは3~4日ぐらいしか持たないそうです。

その海産物屋で、リーズナブルな価格でバフンウニ丼を食べさせてくれる店を紹介してもらいました。

それがココ、「凡天」です。

H025

とても旨いと思えない門構え。

それに天ぷら屋だし。

ちょっと不安が過ぎりました。

せっかく紹介してもらったお店なのでとりあえず店内へ。

カウンター中心の小さな店でした。

 

「バフンウニ丼ください」

と迷うことなくお願いしました。

それも価格を確認せずに!!(無謀)

ウニ丼が目の前に出されました。

H026

そんなに大きくはないどんぶりにウニが乗っていました。

すぐに口に運ぶ。

旨い!!

普段、ウニなどあまり口にしないので、ウニの味など分かりませんが、

これは旨いと思いました。

利尻昆布のほのかな香りとウニの旨味が口中に広がっていきます。

クサみなど全くありません。

あっという間にサクサクと平らげてしまいました。

ご馳走様。

 

さて、お代はいか程か?

ケンさんと顔を見合わせていました。

3800円

高いけど、そんなでもない。

 

後でわかったことですが、鮮度の良いバフンウニ丼は5000円が相場みたいでした。

早めの昼食を食べたので、このあとは島を一周することにしました。

まず、仙法志御崎公園。

アザラシに会えるみたいです。

H027

H029

H028

Img_7502  

あまりにも暑いのでソフトが旨い!!

H030

島を一周した後、食材を仕入れキャンプ場へ戻りました。

まずは乾杯(^^♪

H034

夕飯の前に、夕陽ショウを堪能することにしました。

静かに確実に沈みゆく夕陽。

ビールを飲みながら至福のひとときです。

Img_7523

H037

Img_7524

Img_7532  

   

今夜はジンギスカン。

柔らかいマトンをビールで流し込みました。

H038  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年9月 5日 (木)

2019北海道ツーリング(その③)

 ・7/3:小樽フェリー乗り場~留萌~稚内~宗谷岬~稚内泊

フェリー内で3時半には起床。

すでに外は明るい。

北海道上陸を準備を済ませ、5時に下船しました。

天気は曇り。

雨は降っていません。

ラッキー!😃

本日の目標地、宗谷岬までは小樽から海岸線に沿って走る計画。

スマホナビに従って一路宗谷へ。

予定では11時に到着予定です。

 

ところが、道を誤ってフェリー乗り場からすぐに高速に乗ってしまいました。

乗ってすぐに土砂降りの雨。

ちょうど札幌市内辺り。

最寄りのPAで合羽を着用。

荷物も防水カバーをしっかりと被せました。

激しい雨とフルフェイスシールドが曇って、前方が見にくい中、

ただただ高速道路を走り続けました。

 

「どうもおかしいぞ?」

高速道路は山の中へと向かっている。

海岸線を走る予定がこれでは道が違う。

次の深川Jctで降りることにしました。

ところが深川Jct出口のETC読取り機が故障のため、

ETCカードを出してほしいと係員に言われました。

 

 

私はサイドバッグに入れてあるのですぐに取り出せましたが、

なんとケンさんはシートの下に機器があるため、積載荷物を全部降ろさないと

取り出せません。

雨の中、荷物を解いて地面に降ろし、カードを出し、係員へ渡してから

また荷物を積みなおす次第。

さて、気を取り直してここからは下道走行です。

😃

少し山の中を走り、留萌に出ました。

雨は止んでいましたが、空は鈍より曇っていたので合羽は着たままです。

小樽港を出てからすでに4時間走り続けています。

海岸線を走っていると小腹が減ってきました。

時刻は9時過ぎ。

たしかこの辺りに、旨いウニ丼を食わせてくれる「すみれ」という店があるはずだ。

店を見つけてバイクを止めて中に入ろうとしましたが、まだ開店前。

な、なんと!!!!(泣)

しかたがないので、少し戻って道の駅「おびら鰊番屋」に行きました。

H011

H-0111

H012

H009ken

ここはやってるぞ!」

やはり時間が早いのか、メニューも限られており、その中から

ニシンイクラ丼(900円)を選んで食べました。

これが思いのほか旨い!!

遅めの朝飯でした。

気温も低くなってきたので、持ってきた長袖Tシャツと上着を着こむ。

H010

H009

さて、腹もいっぱいになり北へ向かいます。

サロベツ原野、オロロンラインにはオトンルイ風力発電の巨大風車が28基。

左手日本海側には明日上陸予定の利尻島が見える。

しかし天気が良くないので利尻富士は雲に隠れていました(残念!)

H013

H013ken

大きな「N」の標識、北緯45度のモニュメントで記念撮影。

人間も傾く。

H014j

H014

H014ken

そして、稚内市内に入る。

天気は相変わらず曇り。

ちょっと肌寒いぞ。

さて、いよいよ今回の旅の最大目的。

宗谷岬到着!!

やっぱりここはバイカーの聖地だ。

気持ちが高ぶるぞ。

時刻は13時40分。

小樽を出てから6時間半もかかってしまいました。

やはり遠かった。

H016j

H017

H015

H017jj1

H017jj

最北端到達証明書、ステッカー(なんと5枚も買った)、Tシャツ(2枚)と

散財しました。

ついでに最北端でラーメンを食べました。

やはり北海道といえば味噌ラーメンでしょ!!

冷えた体が温まりました。

H018

H019

H020

当初、今夜の宿は稚内のライダーハウス(略してライハ)と決めていましたが、

初日の疲れをゆっくり取るためにゲストハウスに変更することに。

稚内市内で最寄りの宿を検索したら、よさげなゲストハウスが

見つかりました。

早速電話で予約。

「モリシパ」という変わった名前の宿。

ここは以前YHだったのですが、オーナーが変わり2日前にリニューアルオープンしたばかり。

部屋は男子ドミトリー4人部屋。 

二段ベッドでした。

開店したてでしたが外人客が多かったですね。

旨そうな居酒屋を求めて稚内駅前を散策しましたが見つからず、

結局セイコマで缶ビールと夕飯&朝食弁当を買い込みました。

まずは乾杯(^^♪

H021

翌朝、モリシパの玄関前で同室だったライダーと記念撮影。

H021j  

 

 

 

 

 

 

 

2019年9月 3日 (火)

2019北海道ツーリング(その②)



では、日程コース順にレポートします。

・7/2:関越道 赤城高原PA~新潟フェリー乗り場

朝3時起床。

4時に自宅出発しました。雨が降りそうだったので合羽を着てのスタートです。

H002

H001

今回同行する相棒のケンさんと関越道赤城高原PAで7時半に合流し

新潟フェリー乗り場へ向かいます。

9時過ぎには天気も回復し合羽を脱ぎました。

新潟の気温は30℃超えと猛暑(泣)

新潟港に行く前にスーパーで昼と夜の食材を買い込みました。

10時半にスーパー着。

H004

11時に新潟フェリー乗り場に到着。

H005

無事出港しました。

H006

まずは風呂に入ってから冷えたビールで乾杯(^^♪

これが旨いんだ!!

H008

H008ken

翌朝は3時起床なので、この日は21時には就寝しましたZZZzzz

 

 

2019北海道ツーリング(その①)

883Rで行ってきました、北海道ほぼ一周(キャンプ&ライハ&ゲストハウス)ツーリング!

①日程:2019年7/2火曜日~7/16火曜日

②コース:

・7/2:関越道 赤城高原PA~新潟フェリー乗り場

・7/3:小樽フェリー乗り場~留萌~稚内~宗谷岬~稚内泊

・7/4:稚内フェリー~利尻島泊

・7/5:利尻島フェリー~礼文島フェリー~利尻島泊

・7/6:利尻島フェリー~稚内~ノシャプ岬~エサヌカ線~クッチャロ湖~音威子府~天塩川温泉~音威子府泊

・7/7:音威子府~名寄~興部~三里浜~サロマ湖~計呂地泊

・7/8:計呂地~能取岬~斜里~ウトロ~知床峠~羅臼~標津~厚床~霧多布岬泊

・7/9:霧多布岬~落石岬~納沙布岬~厚岸~霧多布岬泊

・7/10:霧多布岬~塘路湖~摩周湖~美幌峠~阿寒泊

・7/11:阿寒~襟裳岬~晩成温泉~広尾泊

・7/12:広尾~タウシュベツ川橋梁~帯広泊

・7/13:帯広~小樽泊

・7/14:小樽~積丹岬~神威岬~余市泊

・7/15:余市~京極~洞爺湖~小樽フェリー

・7/16:新潟フェリー~帰宅

 

2019年6月12日 (水)

2019年6月 山形蕎麦通

全1350kmの山形蕎麦通です。

今回の参加者は3名(無職ジジイ2名と現職サラリーマン1名)。

002

003

001
3泊4日(1人は1泊2日)でキャンプ無し。

山形村山市ゲストハウス。

農家そのもの感が暖かい雰囲気で良かった。

011

013

滑川温泉は山奥の大秘境。
白濁した温泉♨️は天下の名湯。

ここには連泊しました。

@2500円は安い!

だけど1時間のクネクネ道はガードレール無しの断崖絶壁(少しオーバー)、

バイクでも緊張の連続でした😅  

022

024

025

 

自炊は米沢の牛肉ですき焼き!!

028

027

029

源泉かけ流しの白濁湯は最高でしたね。

026

 

七兵衛に行って食べ放題。

3杯でストップ!!

004

007

005

010

天童の蕎麦屋一庵にも行きました。

名物冷やし肉蕎麦を食べました。

017

020

018

喜多方ラーメンの「なまえ」は意外な名店。

シンプルな中華そばは旨かったね。

033

蕎麦通の割には蕎麦屋には二軒しか行ってない😅

山寺も登った!

014

016

015

せっかく行った磐梯吾妻スカイラインは噴火の影響でゲート直前で通行止め。
代わりに大内宿に行ってネギ蕎麦食べたし。

042

038

039

帰りの日は、山形から安達太良山抜けて、猪苗代湖〜南会津大内村〜川治温泉〜日光を抜けて下道走行。
良く走りました。

天気にも恵まれて大満足です?

2019年5月16日 (木)

GWキャンツー2019富山~能登~飛騨高山

ここ20年近くGWに富山の友人とランデブーを続けています。

去年まではロドスタがあったので6年ぐらいはロドスタでキャンプ&富山行きを行っていました。

 

今年はロドスタも手放したので883Rで参加しました。

883r72  

キャンプ道具満載です。

 

簡単に旅を振り返ってみます。

①期間:
GWの後半(5/3〜5/8)


②ルート:
自宅~中央道上野原IC~諏訪湖IC~山形村~安房峠~富山〜

能登半島見附島〜永平寺〜能登一周〜飛騨高山~

安房峠~中央道塩尻IC~自宅


③全走行距離:
1856km
5泊6日のキャンプツー、ホント良く走りました。

 

④宿泊

・キャンプ 3連泊 →見附島キャンプ場
・友人宅 1泊
・ゲストハウス 1泊→飛騨高山cup of tea

 

⑤燃費:22.6〜29.5km/L
割と燃費は良かったです。

 

では、ここから旅の写真をお見せします。

◎往きの安房峠にて

 とても寒かったです

883r95

 

◎帰りの安房峠

 外気温1℃でした

883r108

883r107

883r106

 

◎富山の友人宅にて

 今年は5台が集まりました

883r94

 

◎能登見附島キャンプ場にて

883r93

883r92

883r87

883r85

883r103

883r86

 

◎見附島の朝、昼、夜

883r105

883r102

883r91

883r104

 

◎千枚田にて

883r84

883r83

 

◎狼煙道の駅にて

883r81

883r82

 

◎永平寺にて

883r90

883r89

883r88

 

◎飛騨高山朝市にて

01_1

02_1

 

◎蕎麦たち

 親子丼もあったりして

883r100

883r98

883r97  

883r99

883r96

 

◎能登でのお気に入りの一枚

883r80

 

 

合羽もワークマンのバイカーズ2019モデルを新調しましたが、

行中雨にも遭遇せずに済み、ラッキーでしたね。

 

もう次のツアーに行きたくなってきました😅
やはり北海道辺りに2週間ほどかな。

2019年4月12日 (金)

右サドルバッグ テグナーNB44

アップマフラーをストレートマフラーに換えたので、右サイドにサドルバッグを付けることができました。

ちょっと容量が小さいですが、合羽などの小物を入れるのに最適!

キャンプ道具も入れられます(^^v

88336

 

88337

2019年4月 9日 (火)

道志みちの駅

道志みち

昨年の夏に土砂崩れがあり、以降通行止めが続いてましたが、

今年になって迂回路が開通したので今日走って来ました。

Photo_1 

青根で「いやしの湯」方面へ迂回。
あとは従来の道を走ることができました?

平日にもかかわらず、バイクの台数は多かったですね。
やはり道志道の駅はバイカーの聖地❣️
道志みちを走っていると実に気持ちがいい😄

こんな楽しめる道ですが、先週末に車が横転する事故があり

バイクにも影響があったようです。

スピードを出せばスリリングな走行も楽しめます。
ネズミ捕りもやってます😅

半年振りに走った道志みちはチョー快適❣️😜
本日の走行距離160km
走行時間4時間

そうそう、肝心のマフラーですが、音にも慣れそんなに爆音では無い気がしてきました😅

低速から高速まで抜けが良くなったので息継ぎもなくスムーズな走りを楽しめます。

実に快適なマフラーです。

02

 

サンダーヘッダー

マフラーをサウンドサンダーからサンダーヘッダーに交換しました。

もともとサウンドサンダーもかなり爆音でしたが、ちょっと気分転換したくなって

思い切って伝説のサンダーヘッダーに変えました。

01

 

早速、サンダーヘッダーの試運転をしてきました。

いつもの箱根、夕陽の芦ノ湖。
美しい景色だ。

それはさておき、肝心のマフラーの音はどうか。

エンジン始動と共に、ドロドロと鉄パイプ独特の低音が響きわたる。
アクセルを捻るとバリバリと甲高い音に変わる。
これだ!
この音が欲しかった?

でも、やはり少しうるさく感じるぞ😅

早速、西湘バイパスを走ってみる。
マフラーの抜けが良くなったのがわかる。
加速時の音も気持ちいい。

帰り道の西湘バイパスでは、すでに爆音感覚に慣れてきており、

こんなに小さい音だったかなと思い始めた。

とはいえ、大渋滞の中をドロドロ言わせながらすり抜けしてきましたが、

非常識なバイクに車が道を空けてくれるのが嬉しかった😅

Photo

«883Rについて語る(^^