無料ブログはココログ

« 2016年11月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年5月

2017年5月30日 (火)

何故また、トリッカーがあるのに883Rを手に入れたのか??

それはね。
きっと、ハーレーが諦めきれなかったのと、
目の前に突然、程度の良い883Rが出現したからなんです。
もちろんトリッカー君は相変わらず乗りやすさの境地に
私を引き摺り込んでくれる優れもの。
でもね、小さくまとまったハーレーを見てしまった瞬間、
そして跨って、エンジンかけて、走ったとたん、
もうコレが欲しいという気持ちで満たされていました(汗)

納車日の一枚

883r

2017年5月18日 (木)

何故ハーレーFLHTを降りてトリッカーにしたか

まずはハーレーに乗らなくなったこと。
 
<言い訳>
重い
取り回しがキツイ
加齢と共に体力低下
年間1000KMも走らなくなった
 
<トリッカーとの出会い>
年金生活後のことを考えて、
クロスカブの購入を考えていた矢先、
従兄弟からトリッカー(10年、8000KM走行)を
買わないかと言う話が舞い込んだ。
即決!!
 
これが実に乗りやすい。
もう自転車にモーターを付けたような取り回しの良さと
バランスの良さ。
キャブ車なところが気に入った。
シートを変え、リアキャリアを付けて、アドベンチャースクリーンも付けたし、
リアフェンダーを小型化し、マフラー交換し、
ブレーキマスターシリンダーのオーバーホールもし、
バッテリー交換、GIVIトップケースも付けて、
やれることはすぐにやりました。
購入後一か月でね。
 
走っていても疲れないところがイイ。
河原の岩場もガンガン走れたのは新鮮。
ハーレーでは逆立ちしても走れない場所を走る快感♡
軽い(125kg)ことがこんなにも素敵なことだと、この歳になってこそ
気付いたんですね。
良く言う、ハーレーの呪縛から脱することができました。

2017年5月 5日 (金)

ハーレーを降りました(報告)

98年から、2台のハーレー(FLHRC-I、FLHT)に乗り、ハーレーライフを十二分に大満喫してきました。
やはり昨今、あまり乗らなくなってしまったので、手放しました。
念願の14万KMには、あと1300KM足らず、断念。
まあ、結果論ですね。
今度の嫁ぎ先は、神戸の旧友の元へ行くことになりました。
息子さんが是非にということで、お譲りしました。
FLHTに乗った17年間は、様々な人々との出会いと別れ、まさしく人生そのものでした。
改めてありがとう、お疲れ様と言いたいです。
まだまだ現役で走れます。走り続けて欲しいです。
私は、ヤマハトリッカーの中古を手に入れたので、
余生をこの自転車のような取り扱い自在のバイクと共に
過ごすつもりです。



Photo


Photo_2



3



2


5


これがNEXTバイク、トリッカー君

Photo_3



 

« 2016年11月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30